Eメール誤送信防止

ビジネスでおいて欠かすことのできない電子メールの利用において、メールの宛先間違いや添付ファイル間違いなど、誰でもある「うっかりミス」を防止できるメール環境を実現します。特にメールは普段の業務に欠かせないツールですので、社員の負担や誤送信対策の取り組みが必要です。

情報漏えい事故につながるミスの例

  • 宛先間違い

    メールの返信の際に宛先をよく確認しなかったため、同僚に宛てたつもりの親しみあるメールがCCの中に含まれていたお客様にも送られてしまった。そのお客様に関する内容だったため後日謝罪に出向くことになってしまった。

  • 添付ファイル間違い

    あるお客様A社に見積書をメールで送ろうとした際に、別のお客様B社に宛てた同名の見積書を添付してしまった。B社への見積りは値引き価格だったため、既存のお客様のA社にも値引きをせざるを得なくなってしまった。
    他にも、他の事に気を取られて書きかけのメールをお客様に送ってしまったり、メールクライアント自動補充機能で社内の人間と似たメールアドレスのお客様へ社内宛てのメールを送ってしまったといった事故がありがちです。
    このような1本のメールで個人・企業情報が知らぬ間に流出したり、社内に向けたメールを顧客に配信し、社内のやりとりやマナーが見られてしまうといった事故にもつながります。



メール誤送信対策3原則「止める」「見る」「守る」

  • メールはすぐに送信しない

    弊社のソリューションを使って送信メールをすぐに送らず、メールは上司や部署内からの承認を得てからお客様に送信するように設定したり、一時保留して一定時間を過ぎたら自動送信することも可能です。

  • メールや添付ファイル内のキーワードを察知し保留

    メール本文や添付ファイルに特定のキーワードや機密情報を含む文字列がある場合に送信を保留する機能も備えています。

  • 万が一の自衛策

    万全を期していてもメール誤送信は100%起きないということはありません。万が一、誤った宛先へメールや添付ファイルを送ってしまっても、メッセージを暗号化して読み取れないため誤送信対策として非常に有効です。


サービスのお問い合わせ•資料請求はこちらから

WordPress Appliance - Powered by TurnKey Linux