会社情報

社長ご挨拶

当社は2020年度、設立30周年迎えております。
1990年設立当初よりの事業運営方針は、各ユーザーの視点に立ったニュートラルなテクノロジー会社として、特定メーカーのシステム構成に左右されない提案力の維持、運営が当社の基本的な経営方針となります。

今や情報システムの安定稼動は不可欠な企業活動でありながら、システム構築、運用業務は多くのユーザー企業にとってはコア業務ではありません。

ITシステム構築、運用、クラウドサービス活用等のエンジニアリングサービス業務の中核『人材』をコアに、当社は知的資産形成行い、効率的でセキュアーなITシステム構築の推進、及び企業経営のコア業務ERPアプリケーション導入行っております。

ユーザー企業がより本業に集中出来る、ICTシステムの安定運用に注力した組織運営を推進して参ります。

2020年度、2021年度の中期計画

インフラソリューション事業部門に於いては、データセンター向けソリューション事業の強化実施し、センター安定稼働に向けて技術サービス拡充致します。一般ユーザー向けは、より大型案件に注力出来る体制構築整え、お客様に満足頂ける24時間システム運用、技術サービス業務の向上を実施して参ります。2019年度の実績として、売上倍増、収益拡大を達成致しました。

クラウド事業部門は東海岸、西海岸2拠点のクラウドセンターに於いて、規模による事業拡大でなく、各ユーザーのアプリケーションに応じたカスタマイズド クラウドサービスの推進を計ります。

ビジネスソリューション部門の拡充を計っており、大幅な先行投資を実施致します。昨年度より、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、アルゼンチン諸国、日本、香港、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア、ベトナム、ミヤンマー、インド及び、オランダ等グローバルなERP製品のロールアウト事業が急激に伸びており、要員の確保、体制の構築に注力して参ります。

代表取締役社長
佐藤 誠詞