経営理念 • 事業計画

企業理念

『高度なICT技術をより身近な技術へ
          人の代わりにICTが働く、より便利で快適なイノベーション社会の創設』

経営方針

  1. 自由で闊達な社員の個性を尊重し、次世代のイノベーションに俊敏な対応が出来る技術集団である事。
  2. イノベーションに対してチャレンジする前向きな姿勢を評価する。
    例え一時的な失敗に帰しても、前向きな評価が出来る寛容な企業組織文化である事。
  3. 安定的な経営体質を維持し、流動性の低い高度で優秀な人材を揃えた組織。

中期事業運営基本方針(2019 – 2021)

『SI SOLUTIONS』

  1. データセンター向けソリューション事業領域の強化、拡大。
  2. 大口エンタープライズユーザー向けには、専任部隊を編成し、高度なSE業務、24時間保守サポート体制構築し、グローバルシステム運用を担う。

『CLOUD SOLUTIONS』

  1. 全てのオンプレシステムの構築を、東海岸、西海岸のクラウドセンターへ収容。
  2. 外部クラウドとのハイブリッドシステム構築、セキュリティー監視システムの提供。

『BUSINESS SOLUTIONS』

  1. 多国籍企業、マルチ拠点事業会社へのERP/BI/CRM製品の導入業務強化。
  2. 東京事務所との連携により、日本国内、アセアン諸国及びEU諸国へ導入案件実施。
  3. 今や米国、メキシコ、南米、アセアン8か国、EU諸国への導入対応が増大しており   要員に対する先行投資行う。

中期事業収益見通し(2019 – 2021)

『SI SOLUTIONS』

300+ユーザー企業向けセキュリテー対策、ITシステム構築、クラウド環境への移行等、各分野での需要が増大しており、増収、増益見通し。特に金融機関、情報産業向けデーターセンター構築支援業務が顕著。

『CLOUD SOLUTIONS』

170+ユーザー規模となり、特に個別ユーザー向けカスタマイズクラウドサービスが大きな収益源となっている。パブリッククラウドとの共存ハイブリッド型運用提案が伸びると予測。本事業は安定した高収益ビジネスモデルとなる。

『BUSINESS SOLUTIONS』

60+ユーザー配しており、MS Dynamics Financial Operation中核製品とした業務ソリューション事業は、アセアン諸国プロジェクト初め、日本国内、米国、メキシコ、南米案件が増大しており、東京-NY要員リソースの大幅な増員計画中であり、2021年には要員、売上倍増の計画。

中期収益目標(2019年 – 2021年)