製造業 – 在庫管理システムのクラウド化

企画概要

業種
製造業(車パーツ関連)

拠点
全米工場と日本本社

背景・要件

背景
全米の工場で使う在庫管理システムをクラウド上で統合管理

要件

  • 在庫管理業務の効率化
  • セキュアーアクセス

クラウドの活用及び遠隔からのアクセス

企業のデータ保存・運用は事務所内だけでなく遠隔地にある統合サーバーに集約する事で各拠点でのサーバー導入が不必要な時代になってきている。これこそがクラウドでメリットであり、そこで本件では在庫管理システムをデータセンターに設置し新工場から在庫データを送信する事で在庫管理の統一化。在庫データはワイヤレススキャナー端末でバーコードを読み取る事により自動で在庫管理システムへ送信される。また本社から在庫管理サーバーにアクセスするためにSSL-VPNを使用した。

導入成果

  • 在庫管理システムへ自動でデータが送られる事で顧客の業務の効率化を実現 (必要な部分だけクラウドにする事で顧客の本当の意味での業務の効率化を実現)
  • 本社からのセキュアなリモートアクセスを導入する事で本社側の管理者が新工場及び新事務所の経理データなどを閲覧する事が可能となり本社から新拠点の(工場及び事務所)オペレーションを管理・監視ができるように
  • 在庫管理データを遠隔地で運用・保存する事で拠点ごとでのサーバーやそのバックアップが不要である(コストの削減)
  • SSL-VPNにより本社からリアルタイムの在庫情報を見る事が可能に
WordPress Appliance - Powered by TurnKey Linux